電源周波数観測はじめました

京都に帰ってきて電子工作する元気が出てきたので、電源周波数の観測を始めてみました。

www2.zxvf.jp

f:id:W53SA:20220411223515p:plain
1分単位の周波数変動グラフ
f:id:W53SA:20220411234740p:plain
10分中央値グラフ

1分単位のグラフをChart.jsで描き、10分中央値*1グラフをVictoriaMetrics + Grafanaで描いています。

ハードウェア

関電(60Hz) ESP32

ESP32のモータ制御機能MCPWMが持ってるインプットキャプチャ機能で測定しています。

f:id:W53SA:20220412221158p:plain
外観

回路図はこんな感じ。

f:id:W53SA:20220412222036p:plain

LM393でヒステリシスコンパレータとオープンコレクタ使ったレベルシフトをしてます。繋いでるACアダプタはデジットで30円たたき売りされてたACアダプタ*2を割って、ダイオードコンデンサを回路側に移設しています。ケースはダイソーで売ってた手芸アイテム入れを流用しています。

東電(50Hz) AVR

自分の実装に自信が持てなかったので、とものさんが書かれたAVR(ATTiny)による観測を自分でも組んでみました。

tomono.tokyo

同じ測定対象を別ハードウェアで測り続けてもアレなので、東京でADS-Bを受信してるRaspberry Piに繋いでいます。

f:id:W53SA:20220412221304p:plain
外観

ソフトウェア

ファームはArduinoなどC系で、データを受けるあたりはGoで書きました。AVRでUARTから流し込まれるデータをアップロードするのはPython3で実装しています。

github.com

TODO

  • 電圧測定もしたいな~
  • ESP32は正直オーバースペック感があるので、ESP8266でなんとかならないかな(インプットキャプチャないけど…。)

*1:最初は平均値グラフ描いてたけど、欠測時にグラフがおかしくなったのでやめた。

*2:型番からぐぐって見つけた「ニッポン放送対応防災ラジオ「セキュリオ」MHS-1242T USED ラジオとしても使用可ミュディーヒューマンサービス アダプタ(MHS-AD001)付き」と見た目が同じなので、たぶんこれ。